ポリシー


タクシーにプレミアムクラスを創出し、上質なひとときを、貴方に・・・
定評をいただいているロイヤルリムジンのサービスをさらに成熟させ、高級サルーンと組合せた、新ブランド「ジャパンプレミアム」を創出し、お客様にプレミアムという新しいクラスのタクシーを提案致します。


「おもてなし」
プロのサービス従事者として、お客様には「ありがとうございます」の心と、笑顔を大切に、プレミアムなサービスを提供し、更なるお客様の「ご満足」を探求し続けます。

「安全・安心」
プロのサービスドライバーとして安全運転をすることは当然ながら、安心感のあるゆとりと快適性も重視した、プレミアムなドライビングを提供致します。

「ハイスペックカー」
安全性・快適性・環境性に優れた車両を、常に清潔な状態に保ち、プレミアムな移動空間を提供致します。


<安全マネージメント>
弊社では安心してご利用いただける安全品質を維持するため、下記のとおり取り組んでおります。

「安全に関する基本方針」
●管理者は、安全確保が事業経営と社会貢献の基本であると認識し、社内において安全の確保に主導的な役割を果たします。
また、現場と密に意見を交わし、現状を踏まえ方針を政策し、全社員と安全確保が最も重要であるという意識を共有し、実行します。
●管理者は、輸送の安全に関する「PDCAサイクル(計画・実行・確認・改善)」を確実に実施し、安全対策を絶えず見直すことにより、全社員が一丸となって業務を遂行し、絶えず安全品質の向上に努めます。

「安全に関する重点施策」
1. 安全が最も重要であるという意識を徹底し、関係法令及び安全管理規定に定められた事項を遵守します。
2. 安全に関わる投資を、積極的かつ効率的に行います。
3. 情報の連絡体制を確立し、社内において必要な情報を伝達し、共有します。
4. 安全品質管理に関する内部監査を行い、品質の維持します。
5. 効果的な教習の計画を策定し、実施します。

「安全に関する目標」
1. 運輸安全マネジメントの重要性を、全社員が一丸となって意識して行動する事。
2. 重大事故の発生件数が、引き続き「0」であること。

「安全管理マネジメントへの具体的な取組み」
1.乗務員の体調管理
●乗務前後の点呼時に、アルコールチェッカー機によるアルコール検査を実施します。
●乗務前点呼時の健康確認をします。
●全乗務員に対する健康診断の実施(半年ごと・日勤者は1年ごと)します。
2. 社員の安全教育
●自動車事故対策機構の運転適正検査をもとに、個人の傾向に合わせた対策を指導します。
●社内にて、毎月安全に関する教習をします。
3. 車両装備の充実
●ドライブレコーダーの全車に導入します。
●ABSや衝突防止機能などの装備を積極的に導入します。

「車両の点検整備」
●国土交通省が認定する整備工場にて、3か月ごとに点検整備を実施する。

ページ上部へ戻る